山はいいなあ  >  丹沢・道志  >  大山北尾根

大山北尾根

大山北尾根より、丹沢山と丹沢三峰を望む

大山北尾根から望む丹沢山

右に丹沢三峰を従えています。

バス停 神奈中バス: 秦野駅 → ヤビツ峠(終点)登山口
バス停 神奈中バス: 秦野駅 ← ヤビツ峠 登山口

地図 地理院地図: 西沢ノ頭

天気 大山の天気: 神奈川県伊勢原市 , ヤビツ峠

関連記事 レポ: 大山ミニアドベンチャー


コース & タイム 鉄道駅 秦野駅 8:21 バス停== 8:58 ヤビツ峠 9:00 --- 9:23 門戸口 9:26 --- 10:03 地獄沢橋 10:04 --- 11:13 16号鉄塔 11:34 --- 12:03 ミズヒの頭 12:03 --- 12:23 西沢ノ頭 12:30 --- 13:20 大山 14:10 --- 14:16 二十五丁目 14:16 --- 14:37 春嶽山分岐 14:40 --- 14:41 春嶽山 15:10 --- 15:36 ヤビツ峠 15:51 バス停== 15:35 秦野駅 鉄道駅
※歩行時間には小休止と写真撮影の時間が含まれています。
大山北尾根 おおやま:標高 1252m  単独  2010年11月4日 6時間36分  満足度:❀❀❀ ホネオレ度:

文化の日の翌日、大山北尾根を歩いてきました。期待通りの好天で、新雪を冠った富士山を背景に、紅葉の始まった丹沢山塊東部の山々を一望する素晴らしいコースでした。

段落見出しヤビツ峠から門戸口へ

平日でしたが、ヤビツ峠行き直行の臨時バスが出て、左窓際の席を得ることができました。澄んだ朝の空気にくっきりそびえる丹沢の峰々が心を躍らせます。ヤビツ峠到着は、8時58分。3分先に発車した定期バスと同時の到着です。峠は山ガールたちの参入で明るいムード。簡単なストレッチをしてすぐに出発します。駐車場から門戸口に向かったのは私一人だけでした。

門戸口の手前で、ヤマドリの群れに遭遇。5羽まで数えましたが、もっとたくさんいたかもしれません。

門戸口では、道路工事をしていました。「この道は通行禁止です」と書かれていますが、同じ札をヤビツ峠側にも立てておかないと、いけませんね。

段落見出し地獄沢橋から16号送電鉄塔を目指す

10時3分、クールな名前を持つ地獄沢橋に到着。大山頂上まで 時間と書かれていますが、数字が消してあります。これより、スラリとした針葉樹の立ち並ぶ尾根道をひたすら登ります。時折、メジロの群れが、チィーッ、チィーッ、と鳴きながら尾根を越えて行きます。

中腹まで登ると、広葉樹の一部が真っ赤に紅葉していました。逆光で見上げると、青い空に映えていっそう美しい色合いになります。ああ、来てよかった、と心が満たされます。でも私しかいないとは、もったいない。とても静かな秋の山です。

段落見出し丹沢主脈を望む

11時13分、16号送電鉄塔に到着。丹沢山から三ノ塔、二ノ塔まで雄大な展望が待っていました。三ノ塔休憩小屋、烏尾山荘、尊仏山荘などの山小屋もくっきりと見えます。赤や黄に色づき始めたヨモギ尾根には、9月に訪れたヨモギ平を擁する970m峰。なつかしく山々を見ていて、つい長居をしてしまいました。

ミズヒの頭に近づくと富士山も姿を見せ、やや薄めのコントラストで控えめに、丹沢の背景役を務めています。ここでは丹沢三峰からニノ塔までの峰々、天王寺尾根、長尾尾根、ヨモギ尾根などをずらり見渡すことができます。

ミズヒの頭も西沢ノ頭も、頂上自体は木々に囲まれて展望はよくありません。でも、途中の尾根道のところどころが開けていて、東丹沢のパノラマをじっくり楽しめました。北尾根上を大山に向かって進むごとに視角も移動して行くので、幾たびもシャッターを切りたくなってしまいます。

段落見出し大山山頂へ

落ち葉をサクサクと踏みしめながら歩く北尾根は、起伏も緩やかで、心も体も癒やされる思いがします。アプローチが少しばかり不便ですが、その分、静かな山歩きを楽しめるのでしょう。

大山山頂、電波中継所の手前にはシカ柵があり、ゲートの変わりに、柵越しの脚立(きゃたつ)が立ててありました。これを乗り越えて、14時10分、山頂に到着。初めて人の話し声が耳に入ってきます。

3年ぶりに訪れた大山山頂は、公園のようにきれいに整備されていました。立派なトイレができていたので、使ってみます。水洗式で、おお、ちゃんと水が流れます。山が便利になるのは悪くはありません。でもロープウェイを建設する布石でなければよいのですが…考え過ぎかな。何といっても、大山は神奈川県随一の霊峰なのです。

段落見出し下山

下山路では、春嶽山に立ち寄ってみました。名前は聞くものの、今まで訪れたことはなく、気になっていたからです。入口に、「行き止まり・危険箇所があるため関係者以外立入禁止」と書かれた札が立っています。少し後ろめたい思いで進むと、わずか1分ほどのところに気持ちよさそうな空間が開けていました。誰も来ない、のどかな山上の小庭です。ここでゆっくりとバスの時間調整をすることにしました。

15時36分、今朝来たヤビツ峠に帰還。平日午後のバスは、15時51分の1本しかありません。発車間際に飛び込んだ客を含め、14人が乗車しました。満足げな顔がいくつも見られます。バスは定時ぴったりに発車。しばらく車窓から山の景色を楽しみましたが、バスが市街地に入る頃には、すっかり心地よい眠りに落ちていました。

木の葉ライン

 雁ヶ腹摺山 <<  HOME >>  仏果山 TOP▲
↓ 紙芝居

サムネイル 0 サムネイル 1 サムネイル 2 サムネイル 3 サムネイル 4 サムネイル 5 サムネイル 6 サムネイル 7 サムネイル 8 サムネイル 9 サムネイル 10 サムネイル 11 サムネイル 12 サムネイル 13 サムネイル 14 サムネイル 15 サムネイル 16 サムネイル 17 サムネイル 18 サムネイル 19 サムネイル 20 サムネイル 21 サムネイル 22 サムネイル 23 サムネイル 24 サムネイル 25 サムネイル 26 サムネイル 27 サムネイル 28 サムネイル 29 サムネイル 30 サムネイル 31 サムネイル 32 サムネイル 33 サムネイル 34 サムネイル 35 サムネイル 36 サムネイル 37 サムネイル 38 サムネイル 39 サムネイル 40 サムネイル 41 サムネイル 42 サムネイル 43 サムネイル 44
サムネイル 45 サムネイル 46 サムネイル 47


©2010 Oda Family  All Rights Reserved.