山はいいなあ  >  丹沢・道志  >  丹沢表尾根に花を訪ねて

丹沢表尾根に花を訪ねて

サガミジョウロウホトトギス

サガミジョウロウホトトギス

サガミジョウロウホトトギスは丹沢の固有種です。環境省のレッドリストで絶滅危惧種に指定されています。盗掘がなされたせいか、現在はアクセスの困難な場所にしか自生していないようです。

多くの人々が行き交う丹沢表尾根でも、数こそ少ないものの、見ることはできます。いつまでもこの花が咲き続けられるよう、大切に見守ってゆきましょう。

バス停 神奈中バス: 秦野駅 → ヤビツ峠(終点)登山口
バス停 神奈中バス: 渋沢駅 ← 大倉 登山口

地図 地理院地図: 政次郎の頭

天気 丹沢表尾根の天気: 秦野市 , ヤビツ峠 , 大倉


コース & タイム 鉄道駅 秦野駅 8:18 バス停== 8:55 ヤビツ峠 9:00 --- 9:21 富士見橋 9:22 --- 10:25 ニノ塔 10:35 --- 10:53 三ノ塔 11:10 --- 11:49 烏尾山 12:04 --- 12:35 行者岳 13:10 --- 13:44 政次郎ノ頭 13:45 --- 15:54 戸沢 16:06 --- 16:41 新茅山荘 16:49 --- 17:36 竜神の泉 17:39 --- 18:29 大倉バス停 18:52 バス停== 渋沢駅 鉄道駅
※三ノ塔以降、大倉到着まで、歩行速度が大幅に低下しています。
三ノ塔、政次郎の頭 さんのとう:標高 1204.8m、まさじろうのあたま:標高 1209m 単独 2013.08.29 全9時間29分
満足度:❀❀❀ ホネオレ度:❢❢❢❢

猛残暑厳しき8月29日、丹沢表尾根に行ってきました。この季節限定の花を見るためと、新調した登山靴の履き慣らしのためです。花は期待どおりに咲いていました。登山靴はあらかじめ1週間ほど普段履きにして足になじませ、今回初めて山で歩いたのですが、下り部分で問題が発生しました。

段落見出し マツカゼソウの丹沢?

小田急線秦野駅から、ヤビツ峠行きのバスを利用しました。終点で丹沢・大山フリーパスBを運転士さんに見せながら下車。車内で記入した登山者カードを提出箱に入れ、リュックを下ろして準備運動をします。特に腰を左右に回す運動は念入りに行いました。腰椎が定位置からわずかでもずれた状態で山歩きをすると、後々腰が疲れるからです。右にひねってプキプキ、左にひねってまたプキプキ。これで腰は大丈夫です。

ヤビツ峠から富士見橋まで林道を緩やかに下って行きます。さっそく目に付くのが、林道脇のマツカゼソウ。風情のある名ですが、これは、「シカのキライな植物」だそうで、あちらこちらに大群落が見られます。この日、下山後に歩いた戸沢林道にまで繁茂していて、そのうち丹沢を代表する植物になるのでは、と気がかりです。

段落見出し 軽快に二ノ塔と三ノ塔へ

丹沢表尾根を東から西に縦走する場合、二ノ塔まで登ってしまえば、残り部分に大した登りはありません。ペース配分を考えて、おもむろに登り始めると、ありがたいことに涼しい風が吹いていて、楽々登ることができました。曇り空から、ときどき日が射して、その時だけ登山道が明るくなります。登山道の周辺には、紫系の花がたくさん咲いていました。アザミ、ホトトギス、ホタルブクロなどです。トネアザミの花では小さな蝶たちが、吸蜜に熱中していました。そんな時、カメラを近づけても意に介さないようです。

二の塔から西に望む三ノ塔は、ガスに覆われていました。海側から吹く風に乗って北上するガスに濃淡があり、時々うっすらと稜線を表します。花を見るには、まずまずの天気と言っていいでしょう。山頂のベンチに腰を下ろして、パンケーキとお茶を口に入れ、熱中症に備えました。今回もきれいなキアゲハが、その縄張りを守っていました。

さて、引き続き花や虫を見ながら、次の三ノ塔にやって来ました。ガスのため、展望はよくありません。足下には大きな首を垂れたフジアザミが咲き始めていました。予想外の静寂。私はお地蔵様まで行き、ガスの切れ目を待ちました。すると、烏尾山頂にちょうど太陽のスポットライトが当てられました。絵本の挿し絵みたいです。目を転じると、北の丹沢三峰、天王寺尾根、長尾尾根などはよく見えましたが、行く手の新大日や塔ノ岳は見えませんでした。でもお地蔵様には、いつも全部見えていることでしょう。

段落見出し 両足に異変

三ノ塔から烏尾山に向かって急坂を下ります。ここで、両足の異変にはっきり気づきました。新調したミドルカットの登山靴の後部縁が、外くるぶしの上部に当たって、一歩踏み出すごと痛むのです。私は歩行速度を緩め、小幅なピッチで降りて行きました。まだ先が長いので、無理や強行はできません。そして鞍部から登りに差しかかると、足が楽になりました。おそらく、履き慣らしを始めた一週間前から、足のその部分が、繰り返し小さな虐待を受けてきたのでしょう。今、その受容限界を越えてしまったようです。

烏尾山から行者ヶ岳に至る区間の下り坂と登り坂でも、同じことが起こりました。靴を脱いで見ると、痛む部分の皮膚が真っ赤になっています。分厚い靴下を足首で二重に折って履いたら、多少楽にはなりましたが、まあ大して変わりません。東面の展望がよい行者ヶ岳山頂で、足を休めるため大休止にしました。この登山靴は、つま先と足首周りが安全靴のように堅固にできています。頚骨が足首の真上に垂直に立っているような脚ならよいのですが。

これより先は、大事を取って、政次郎尾根を下ることにしました。塔ノ岳まで登ること自体は問題なさそうでしたが、そうすると下りが長くなってしまいます。「山と高原地図」によれば、政次郎の頭から大倉までは2時間30分。その2倍の5時間を見れば、大倉までたどり着けるのではないかと、この時点では思いました。

段落見出し 我慢の下山

13時45分、政次郎の頭から下山開始。少し下ると、東面が開け、行者ヶ岳から三ノ塔までを望めました。岩場に2本の鎖の見える行者ヶ岳。どっしりした三ノ塔。可愛らしい山小屋を頂いた烏尾山。いずれの山も青空を背景に、微笑んでくれているように思いました。これより下方に展望の利く場所はありません。

足首はますます痛くなりました。大げさに言えば、ほとんど拷問のようです。靴を脱いで歩きたいところですが、そうもゆきません。“どこかに草履かサンダルでもないかなあ”(ある訳ありません。)とにかく1歩ずつでも前に進み続ければ、いつか必ずゴールインするからと、自分を励ましながら下って行きました。最悪でも戸沢までは下りて、ビバークを回避したいと、本気で思っていました。

戸沢バンガロー裏手の渓流に着いたときは、心底から安堵しました。冷たい流れで、思う存分に手と顔を洗い、帽子にも水を含ませて被ります。政次郎の頭からここまで、2時間9分かかりました。5年前に小学生二人を連れて歩いたときは、この尾根を1時間20分で降りました。この渓流で子供たちが大喜びして、じゃぶじゃぶ遊びをしたのを思い出します。

これより大倉に続く戸沢林道はほぼ平坦ですが、それでも歩く足が交互にズキッ、ズキッと痛みました。道路が舗装されている部分では、靴を脱いで歩きました。こうして林道を歩くこと、約2時間半。大倉にたどり着いたときは、すっかり日が暮れていました。夕闇の空に、今までになく美しく見える、「風の吊り橋」。何とか自力でゴールインできたのは、神の護りに他ならないと思いました。不覚をとったことへの反省と、完走できたことへの感謝をしながらバスを待ちました。

段落見出し その後

帰宅後に両足を見たら、傷んだ箇所が赤く腫れ上がっていました。指先で軽く触れても痛みます。そこで、鎮痛消炎効果のあるMテープを患部に張りました。以前に腰を痛めたときに、整形外科医で処方されて、使い残したものです。翌日の晩にテープを剥がしたら、腫れと赤味はきれいに消えていました。指で押すと、軽い痛みが残っていますが、前日のあの激痛は、ウソのように治まりました。

なお、サガミジョウロウホトトギスの自生地には、立ち入ると危険な場所が多くあります。鑑賞や撮影に際しては、十分にご注意ください。私が今回撮影した場所は、あえて記しませんが、花との出会いを望んで歩けばきっと目に入ることでしょう。

木の葉ライン

↓ 紙芝居

サムネイル 00 サムネイル 01 サムネイル 02 サムネイル 03 サムネイル 04 サムネイル 05 サムネイル 06 サムネイル 07 サムネイル 08 サムネイル 09 サムネイル 10 サムネイル 11 サムネイル 12 サムネイル 13 サムネイル 14 サムネイル 15 サムネイル 16 サムネイル 17 サムネイル 18 サムネイル 19 サムネイル 20 サムネイル 21 サムネイル 22 サムネイル 23 サムネイル 24 サムネイル 25 サムネイル 26 サムネイル 27 サムネイル 28 サムネイル 29 サムネイル 30 サムネイル 31 サムネイル 32 サムネイル 33 サムネイル 34 サムネイル 35 サムネイル 36 サムネイル 37 サムネイル 38 サムネイル 39 サムネイル 40 サムネイル 41 サムネイル 42 サムネイル 43 サムネイル 44 サムネイル 45 サムネイル 46 サムネイル 47
サムネイル 48 サムネイル 49 サムネイル 50

©2013 Oda Family  All Rights Reserved.